甘めの焼き豚と煮玉子のおべんと。

2013ねん2がつ18にちの、おべんと。

画像1

休日にしこんだ焼き豚をめいんに。いっしょに煮たじゃがいもとにんじんも投入。

煮汁につけておいた煮卵も入れちゃいましょ。あとは常備菜のひじきさん。

ごはんにのっけた卵がなんだか可愛いので、ごはんは海苔を真ん中に挟んだかくしのり弁タイプで。

色味も絶妙(とゆうか微妙。笑)だし、まさしく「朝つめるだけ」 だけど、

とりあえず、作ることが大事。きょうもよくやったね。うん。

★ 詳しいめにゅう解説は<続きをよむ> からどうぞ。


<めにゅう解説>

※材料は作りやすい分量です。お弁当箱の大きさやその日の食欲にあわせて調整してくださいませ。

 ☆甘めの焼き豚 ※おかずno.8
  
  材料: 豚かたまり肉500gくらい、じゃがいも2コ、玉ねぎ小1コ、にんじん1/2本、ゆで卵2コ、
       サラダ油、長ねぎの青いところ、生姜、砂糖100g、酒150cc、お醤油100cc
  方法: 豚肉を数か所フォークで刺し、サラダ油をひいた鍋に入れ、表面に焼き目を付ける。
       長ねぎ、薄切りにした生姜、大きめのひとくち大に切ったじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、
       鍋に入れ、さっと炒める。調味料を入れ、煮る。煮汁にゆで卵を入れ、漬けこむ。
  コツ:  豚かたまり肉の表面をフォークで刺すことでやわらかくなると何かで読みました。
       簡単なわりに、短時間で味がしみておいしいです。煮汁もちょっと甘め、でおふくろの味仕様です。
 
 ☆ひじきの煮もの ※おかずno.9

  材料: 乾燥ひじき、にんじん、あぶらあげ、干し椎茸、出汁、お醤油、酒、砂糖、ごま油
  方法: ひじきを水で戻し、ゴマ油をひいた鍋でにんじん、戻した干しシイタケとさっと炒める。
       出汁と調味料を入れ煮つめる。煮汁が減ってきたらあぶらげを加えて少し煮る。
  コツ:  ひじきを炒めるときに、ゴマ油を使うと風味がでて、常備菜のマンネリ感が減少するかも。

 ☆かくしのり弁 ※ごはんno.3

  材料: のり、かつおぶし、お醤油、のり、ごま、白ごはん
  方法: 白ごはん、かつおぶし、お醤油にひたしたのり、白ごはん。以上。
  コツ: 表面に海苔が来ないので、ほかに目立たせたいおかずがあるときにおすすめ。
       カモフラージュで白ごまを。ランチタイムに「ゴマだけかぁ、、、あ!海苔いた!」のヒトコマを小粋に演出できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>