牛ごぼうご飯のおべんと。

2013ねん3がつ5にちの、おべんと。

画像1

本日は、牛肉入りの炊き込みごはんが主役のおべんと。

今週はお仕事がちょっと忙しいのだよ・・・。   まだ火曜日かいっ (;・・)ツ☆

と、ちょっと面倒だったのだけど、さぼるよりましかと、炊き込みごはんを夜のうちに仕込む作戦。

具材を豪華にしておけば、おかずが手抜きでもさみしくないもんね。

あとね、朝いくら眠くても起きた時点でご飯が炊きあがっちゃってるもんで、

無駄にするわけにもいかないし・・・、しかも牛肉だし・・・と、おべんと作るしかなくなるのである!

怠け者なのに小心なわたしには、ぴったりの作戦だと思うのでした。

★ 詳しいめにゅう解説は<続きをよむ>からどうぞ。


<めにゅう解説>

※材料は作りやすい分量です。お弁当箱の大きさやその日の食欲にあわせて調整してくださいませ。

 ☆牛ごぼうご飯 ※ごはんno.10
  
  材料: お米2合、牛肉150gくらい、ささがきごぼう、千切りにんじん、サラダ油、A(お醤油大1.5、酒大1、
       みりん小2、出汁20cc)、 塩小2/3、出汁 炊飯器の目盛りの線まで。
  方法: お米をといで水をきっておく。フライパンに油をひき、細かく切った牛肉を炒める。
        ごぼう、にんじんを加えて炒め合わせる。Aを加えてさっと煮立たせたら、具と汁に分ける。
        お米に汁と塩を入れ、足りない分出汁を入れて炊飯器で炊く。     
  コツ:  味の濃さについては、塩、お醤油量をお好みで調整してください。    
 
 ☆ひじき入り出汁巻 ※おかずno.33

  材料: 卵2コ、お醤油ほんの少し、サラダ油、ひじきの煮物、出汁氷1コ
  方法: 卵を溶いて、お醤油と出汁を入れる。
        卵焼き器に薄くサラダ油をひき、ひじきを巻いて出汁巻きを作る。
  コツ:  出汁を冷凍庫の製氷器でキューブ上に冷凍しています。
        出汁巻きには1コ。とき卵の中に入れておいて氷が溶けたら焼きます。

 ☆ほうれん草とあぶらげのごま和え ※おかずno.34

  材料: ほうれん草、あぶらげ、めんつゆ、白すりごま、白ごま
  方法: ほうれん草とあぶらげの冷凍を解凍し、めんつゆ、白すりごまで和える。
        白ごまをふってできあがり。
  コツ:  あぶらげも、油抜きをした状態で、千切り、1/2サイズをそれぞれ冷凍してます。
       朝寝ぼけてても30秒くらいで完成するので便利便利!

 ☆ちくわ天 ※おかずno.35

  材料: ちくわ、小麦粉、水、青のり適量、揚げ油
  方法: ちくわを切って、小麦粉、水、青のりの衣をつけて揚げる。
  コツ:  ちょっと衣が厚い方が、いかにも!でおいしいので今回は2度づけしてます。
       味を付けていないので、お醤油つけて食べてね。

 ☆きゅうり梅鰹漬け ※おかずno.36

  材料: きゅうり、梅干し、塩、鰹節 A白だし、米酢、薄口醤油
  方法: きゅうりを塩もみし、種をとりほぐした梅干しと鰹節と一緒にAのつけ汁に入れて漬ける。
  コツ:  きゅうりのしゃりしゃり感が好きなので、塩少なめで長時間漬けすぎず、浅漬けにしてます。


2 thoughts on “牛ごぼうご飯のおべんと。

  1. お肉は一度炒めてから炊くんですね!
    そんな気はしてたんですが、牛肉の炊き込みご飯を作ったことがなくて。
    レシピ本当に参考になります。

  2. >よくさま
    レシピまで読んでくださってるのですか!!
    ありがとうございます(^-^ )
    実はこのレシピなのですが、炊きあがりは味濃い気がしたのですが、
    お昼に冷めた状態で食べたら、そこまで味濃くなかったので、表記を修正させていただきました(汗)ごめんなさい!!
    味の濃い薄いは個人差もあると思うのですが・・・。
    特におべんと用は少量作るので、材料の大きさや水分量によって味がぶれやすくて、
    調味料の分量を書くのが難しくてなやみます・・・(汗&言い訳)
    たきこみご飯系は具材を調味料で先に炒めるレシピだと、
    具にしっかり味がつくので、おべんと向きな気がします♪
    あと、牛肉は灰汁がでるから先に炒めるレシピが多いのかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>