チーズハンバーグのおべんと。


2013ねん6がつ17にちの、おべんと。

画像1

ほんじつは、チーズハンバーグのおべんと。

お夕飯のハンバーグにとけるチーズをのっけたもの。ええ、中には入ってません。

お弁当用おかずは朝に再加熱するので、その時がプチアレンジのチャンス!笑

トースターで温めるときにチーズをオンすれば、

なんということでしょう、昨日のお夕飯とは全然違う装いに。

って、チーズくらいじゃ、ごまかせないか (*゚ー゚)>

★ 詳しいめにゅう解説は<続きをよむ>からどうぞ。

2013ねん6がつ17にちの、おべんと。


画像1


ほんじつは、チーズハンバーグのおべんと。

お夕飯のハンバーグにとけるチーズをのっけたもの。ええ、中には入ってません。

お弁当用おかずは朝に再加熱するので、その時がプチアレンジのチャンス!笑

トースターで温めるときにチーズをオンすれば、

なんということでしょう、昨日のお夕飯とは全然違う装いに。

って、チーズくらいじゃ、ごまかせないか (*゚ー゚)>


<Recipe>

☆チーズハンバーグ おかずno.181

◎材料: A(合びき肉、ナツメグ、炒め玉ねぎ、卵、牛乳にひたしたパン粉、塩、こしょう) B(ハンバーグを焼いたときの肉汁、赤ワイン、トマトピューレ、ケチャップ、ウスターソース)サラダ油、とけるチーズ
◎方法: Aを混ぜてハンバーグを作り、焼く。ハンバーグを焼いたフライパンでBを混ぜ、少し煮詰めてソースを作る。ハンバーグにソースをからめ、とけるチーズをのせてトースターで焼く。

◎コツ: ハンバーグの肉汁をつかったソース。赤ワインを入れると、ちょっぴり上品な味に。チーズは朝の再加熱時にのっけました。

☆ピーマンとラディッシュのシーザーサラダ おかずno.182

◎材料: ピーマン、ラディッシュ、シーザーサラダドレッシング、塩、こしょう
◎方法: ピーマンとラディッシュを切り、ドレッシングで和える。塩、こしょうで味付けする。

◎コツ: ピーマンとラディッシュの組み合わせが色合いがきれいでおすすめ。和えて時間がたつと少し水分がでますが、味がなじみます。お好きなドレッシングで。

☆ハッシュポテト(冷凍) おかずno.183

◎材料: 冷凍ハッシュポテト、塩
◎方法: 袋に書いてあるとおりに、今回はトースターで。
◎コツ:  今回は大きなサイズのものをひと口大に切りました。

☆白ごまごはん ※ごはんno.17

◎材料:  白ごはん、白ごま
◎方法: 白ごはんに、白ごまをのせる。

◎コツ:  こつもなにもないよね。

<めにゅう解説>

※材料は作りやすい分量です。お弁当箱の大きさやその日の食欲にあわせて調整してくださいませ。

 ☆チーズハンバーグ おかずno.181

  材料: A(合びき肉、ナツメグ、炒め玉ねぎ、卵、牛乳にひたしたパン粉、塩、こしょう)
        B(ハンバーグを焼いたときの肉汁、赤ワイン、トマトピューレ、ケチャップ、ウスターソース)
       サラダ油、とけるチーズ
  方法: Aを混ぜてハンバーグを作り、焼く。ハンバーグを焼いたフライパンでBを混ぜ、
       少し煮詰めてソースを作る。
       ハンバーグにソースをからめ、とけるチーズをのせてトースターで焼く。

  コツ: ハンバーグの肉汁をつかったソース。赤ワインを入れると、ちょっぴり上品な味に。
      チーズは朝の再加熱時にのっけました。

 ☆ピーマンとラディッシュのシーザーサラダ おかずno.182

  材料: ピーマン、ラディッシュ、シーザーサラダドレッシング、塩、こしょう
  方法: ピーマンとラディッシュを切り、ドレッシングで和える。塩、こしょうで味付けする。

  コツ: ピーマンとラディッシュの組み合わせが色合いがきれいでおすすめ。
      和えて時間がたつと少し水分がでますが、味がなじみます。お好きなドレッシングで。

 ☆ハッシュポテト(冷凍) おかずno.183

  材料: 冷凍ハッシュポテト、塩
  方法: 袋に書いてあるとおりに、今回はトースターで。
  コツ:  今回は大きなサイズのものをひと口大に切りました。

 ☆白ごまごはん ※ごはんno.17

  材料:  白ごはん、白ごま
  方法: 白ごはんに、白ごまをのせる。

  コツ:  こつもなにもないよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>