鮭の照り焼きと高野豆腐のおべんと。

2013ねん8がつ2にちの、おべんと。

画像1

ほんじつは鮭の照り焼きと高野豆腐のおべんと。

のりべんの上には鮭と竹輪の磯部揚げ。
 
あとは出汁をたっぷり吸った高野豆腐の煮物。高野豆腐好きなんだよね♪

汁もれさえ気を付ければ、冷えてもおいしいお弁当向きのおかずだよね。

たっぷり出汁をひいたときに作ることが多いな。

甘めに煮るのもいいけれど、薄口醤油の塩気を効かせたさっぱり味が好き。

★ 詳しいめにゅう解説は<続きをよむ>からどうぞ。

2013ねん8がつ2にちの、おべんと。

 

画像1


ほんじつは鮭の照り焼きと高野豆腐のおべんと。

のりべんの上には鮭と竹輪の磯部揚げ。

あとは出汁をたっぷり吸った高野豆腐の煮物。高野豆腐好きなんだよね♪

汁もれさえ気を付ければ、冷えてもおいしいお弁当向きのおかずだよね。

たっぷり出汁をひいたときに作ることが多いな。

甘めに煮るのもいいけれど、薄口醤油の塩気を効かせたさっぱり味が好き。



<Recipe>

☆鮭の照り焼き おかずno.222

◎材料: 塩鮭、A(お醤油、お酒、みりん、お砂糖)、ごま油
◎方法: 塩鮭を食べやすい大きさに切り、Aに漬け込む。フライパンにごま油をひき、 鮭を焼く。漬けだれを塗りながら焼く。

◎コツ: 塩鮭はそのまま焼いてもいいですが、照り焼きも美味しい。塩が弱めのものを使うのがおすすめ。

☆高野豆腐と椎茸の煮物 おかずno.223

◎材料: 高野豆腐、椎茸、A(出汁、薄口醤油、お酒、みりん、お砂糖)
◎方法: 高野豆腐をぬるま湯でもどし、しぼって、食べやすい大きさに切る。椎茸も食べやすい大きさに切る。鍋にAを入れ、高野豆腐、椎茸を煮る。

◎コツ: 煮る前にしっかりしぼって、出汁をたっぷりふくませて。干し椎茸を使う場合は、戻し汁を煮汁に加えると深みがでます。

☆枝豆としめじの梅かつお和え おかずno.224

◎材料: 茹でた枝豆、しめじ、お酒、A(練り梅、ぽん酢、かつおぶし)
◎方法: 枝豆をさやから出す。しめじにお酒をふり、電子レンジで加熱する。枝豆としめじをAで和える。

◎コツ: ぽん酢と練り梅のさっぱり味の和え物。夏にぴったり。

☆ちくわの磯部揚げ(冷凍) おかずno.225

◎材料: ちくわの磯辺揚げの冷凍。
◎方法: 袋の表記通りに。

◎コツ: 冷凍食品もたまには使うよ。

☆2段のりべん ごはんno.1

◎材料: のり、かつおぶし、お醤油、白ごはん
◎方法: 白ごはん、かつおぶし、お醤油付き海苔、白ごはん~を2周。
◎コツ:  おかすの味が薄めの日は2段にすると濃い味好きにはよろしいかと。

<めにゅう解説>

※材料は作りやすい分量です。お弁当箱の大きさやその日の食欲にあわせて調整してくださいませ。

 ☆鮭の照り焼き おかずno.222

  材料: 塩鮭、A(お醤油、お酒、みりん、お砂糖)、ごま油
  方法: 塩鮭を食べやすい大きさに切り、Aに漬け込む。フライパンにごま油をひき、
       鮭を焼く。漬けだれを塗りながら焼く。
     
  コツ: 塩鮭はそのまま焼いてもいいですが、照り焼きも美味しい。
      塩が弱めのものを使うのがおすすめ。

 ☆高野豆腐と椎茸の煮物 おかずno.223

  材料: 高野豆腐、椎茸、A(出汁、薄口醤油、お酒、みりん、お砂糖)
  方法: 高野豆腐をぬるま湯でもどし、しぼって、食べやすい大きさに切る。
       椎茸も食べやすい大きさに切る。
       鍋にAを入れ、高野豆腐、椎茸を煮る。

  コツ: 煮る前にしっかりしぼって、出汁をたっぷりふくませて。干し椎茸を使う場合は、
      戻し汁を煮汁に加えると深みがでます。

 ☆枝豆としめじの梅かつお和え おかずno.224

  材料: 茹でた枝豆、しめじ、お酒、A(練り梅、ぽん酢、かつおぶし)
  方法: 枝豆をさやから出す。しめじにお酒をふり、電子レンジで加熱する。
       枝豆としめじをAで和える。
     
  コツ: ぽん酢と練り梅のさっぱり味の和え物。夏にぴったり。

 ☆ちくわの磯部揚げ(冷凍) おかずno.225

  材料: ちくわの磯辺揚げの冷凍。
  方法: 袋の表記通りに。
     
  コツ: 冷凍食品もたまには使うよ。

 ☆2段のりべん ごはんno.1

  材料: のり、かつおぶし、お醤油、白ごはん
  方法: 白ごはん、かつおぶし、お醤油付き海苔、白ごはん~を2周。
  コツ:  おかすの味が薄めの日は2段にすると濃い味好きにはよろしいかと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>