チーズ入り味噌かつのおべんと。


2013ねん9がつ5にちの、おべんと。

画像1

ほんじつは、チーズ入り味噌かつのおべんと。

食べ手が名古屋人のため、ご当地めしにも果敢にチャレンジするよ。

正直、味噌かつって、そこそこの大人になるまで食べたことなかった。笑

というか、見たこともなかった。

たしか、初対面は出張で名古屋訪問したとき。居酒屋さんにて。

テーブルに、盛大にお味噌にまみれてる串かつが運ばれてきた。

おーーいえーー。  と。 これが第一印象。笑

お味噌かける、というレベルじゃなく、完全にまみれてるじゃないですか! と。

かつの醍醐味、衣のさくさく感の立場は? と。

出張の夜のひとり飯だったので、無言のまま、違和感とたたかったよ。

まあ、結果としては、多少面食らったけど、食べてみたらおいしかったけどね(・ω・)b

想像通り、しっかり甘いのに、ビールにも合うんだよね。

最近は東京でも普通に食べれるのよね。

いやはや、そんな出会いの日から時がたち、

自分で作ることになるなんてね。そして、おべんとにも入れちゃう日が来るなんてね。笑

今回はカツ向きのロース肉が高かったので、うす切り肉でロール型に。

ついでにチーズも入れてみたよ。味噌&チーズ、これもまた合うんだな(・∀・)ノ

 

★ 詳しいめにゅう解説は<続きをよむ>からどうぞ。

 

2013ねん9がつ5にちの、おべんと。


画像1


ほんじつは、チーズ入り味噌かつのおべんと。

食べ手が名古屋人のため、ご当地めしにも果敢にチャレンジするよ。

正直、味噌かつって、そこそこの大人になるまで食べたことなかった。笑

というか、見たこともなかった。

たしか、初対面は出張で名古屋訪問したとき。居酒屋さんにて。

テーブルに、盛大にお味噌にまみれてる串かつが運ばれてきた。

おーーいえーー。  と。 これが第一印象。笑

お味噌かける、というレベルじゃなく、完全にまみれてるじゃないですか! と。

かつの醍醐味、衣のさくさく感の立場は? と。

出張の夜のひとり飯だったので、無言のまま、違和感とたたかったよ。

まあ、結果としては、多少面食らったけど、食べてみたらおいしかったけどね(・ω・)b

想像通り、しっかり甘いのに、ビールにも合うんだよね。

最近は東京でも普通に食べれるのよね。

いやはや、そんな出会いの日から時がたち、

自分で作ることになるなんてね。そして、おべんとにも入れちゃう日が来るなんてね。笑

今回はカツ向きのロース肉が高かったので、うす切り肉でロール型に。

ついでにチーズも入れてみたよ。味噌&チーズ、これもまた合うんだな(・∀・)ノ


<Recipe>

☆チーズ入り味噌かつ おかずno.233

◎材料: 豚うす切り肉、塩、こしょう、スライスチーズ、A(小麦粉、卵、生パン粉)、揚げ油、 B(赤味噌、水または出汁、お酒、みりん、お砂糖)
◎方法: 豚うす切り肉をひろげて塩、こしょうをする。チーズを乗せて巻き、Aの衣をつけて揚げる。鍋にBを入れて火にかけ、とろみがつくまで煮詰める。

◎コツ: 定番名古屋めしの味噌カツをチーズ入りにアレンジ。先にお味噌にかけると、衣しんなり。後がけだとさっくり。お好みで。お味噌がしみやすいように、生パン粉を使うのがおすすめ。味噌だれは、市販のこういうの 献立いろいろ味噌  や、こういうの つけてみそかけてみそ 、を使っても。名古屋でなくても、大きなスーパーに行けば買えると思います♪

☆青じそキャベツ おかずno.234

◎材料: キャベツ、レタス、青じそ
◎方法: キャベツ、レタス、青じそを千切りにする。水にさらす。よく水をきる。混ぜる。
◎コツ:  青じそを加えることでさわやかな風味に。お味噌の味の濃さをすっきりと。

☆茄子とあぶらげの中華和え おかずno.235

◎材料: 茄子、玉ねぎ、油揚げ、みょうが千切り、A(長ねぎ、にんにく、しょうが、ニラ、お醤油、お酒、豆板醤、お砂糖、ごま油)
◎方法: 茄子、油揚げをひと口大に切る。油揚げをトースターで焼く。玉ねぎを細切りにする。茄子、玉ねぎをさっと茹でる。長ねぎ、にんにく、しょうが、にらをみじん切りにする。Aを混ぜて電子レンジで加熱する。茄子、玉ねぎをAのたれで和えて、みょうがをのせる。
◎コツ: 中華風の和えもの。このタレは簡単で中華おかずに大活躍。
おべんと用なのでニラ、にんにくはちょい控えめに。

☆きゅうりとワカメのお酢のもの おかずno.236

◎材料: きゅうり、わかめ(塩蔵)、A(お酢、出汁、薄口醤油、お酒、お砂糖、お酒、白だし)、白ごま
◎方法: きゅうりを薄切りにして塩もみする。わかめの塩を洗い、適当な大きさに切り、水で戻す。きゅうりとわかめをAで和える。白ごまを混ぜる。

◎コツ: 定番コンビのお酢のもの。おべんとは常温で食べるので、出汁多めの白だしプラスで、普通の3杯酢よりお酢っぽさマイルドにしてるよ。なんとなく、すっぱいものって冷やして食べたいよね。

☆ふりかけごはん ※ごはんno.6

◎材料: 市販のふりかけ、白ごはん
◎方法: お弁当袋に、市販のふりかけをパッケージのまま一緒に入れるだけ!
◎コツ: 今いろいろ種類もあるし、案外「きょうは何の味?」 的で楽しかったりも。

※材料は作りやすい分量です。お弁当箱の大きさやその日の食欲にあわせて調整してくださいませ。
 

 ☆チーズ入り味噌かつ おかずno.233

  材料: 豚うす切り肉、塩、こしょう、スライスチーズ、A(小麦粉、卵、生パン粉)、揚げ油
        B(赤味噌、水または出汁、お酒、みりん、お砂糖) 
  方法: 豚うす切り肉をひろげて塩、こしょうをする。チーズを乗せて巻き、Aの衣をつけて揚げる。
       鍋にBを入れて火にかけ、とろみがつくまで煮詰める。

  コツ: 定番名古屋めしの味噌カツをチーズ入りにアレンジ。先にお味噌にかけると、衣しんなり。
      後がけだとさっくり。お好みで。お味噌がしみやすいように、生パン粉を使うのがおすすめ。
      味噌だれは、市販のこういうの 献立いろいろ味噌  や、こういうの つけてみそかけてみそ 、を使っても。
      名古屋でなくても、大きなスーパーに行けば買えると思います♪

 ☆青じそキャベツ おかずno.234

  材料: キャベツ、レタス、青じそ
  方法: キャベツ、レタス、青じそを千切りにする。水にさらす。よく水をきる。混ぜる。
  コツ:  青じそを加えることでさわやかな風味に。お味噌の味の濃さをすっきりと。
  
   
 ☆茄子とあぶらげの中華和え おかずno.235

  材料: 茄子、玉ねぎ、油揚げ、みょうが千切り
      A(長ねぎ、にんにく、しょうが、ニラ、お醤油、お酒、豆板醤、お砂糖、ごま油)
  方法: 茄子、油揚げをひと口大に切る。油揚げをトースターで焼く。玉ねぎを細切りにする。
       茄子、玉ねぎをさっと茹でる。長ねぎ、にんにく、しょうが、にらをみじん切りにする。
      Aを混ぜて電子レンジで加熱する。茄子、玉ねぎをAのたれで和えて、みょうがをのせる。
  コツ: 中華風の和えもの。このタレは簡単で中華おかずに大活躍。
      おべんと用なのでニラ、にんにくはちょい控えめに。

 ☆きゅうりとワカメのお酢のもの おかずno.236

  材料: きゅうり、わかめ(塩蔵)、A(お酢、出汁、薄口醤油、お酒、お砂糖、お酒、白だし)、白ごま
  方法: きゅうりを薄切りにして塩もみする。わかめの塩を洗い、適当な大きさに切り、水で戻す。
        きゅうりとわかめをAで和える。白ごまを混ぜる。

  コツ: 定番コンビのお酢のもの。おべんとは常温で食べるので、出汁多めの白だしプラスで、
      普通の3杯酢よりお酢っぽさマイルドにしてるよ。
      なんとなく、すっぱいものって冷やして食べたいよね。

 ☆ふりかけごはん ※ごはんno.6

  材料: 市販のふりかけ、白ごはん
  方法: お弁当袋に、市販のふりかけをパッケージのまま一緒に入れるだけ!
  コツ: 今いろいろ種類もあるし、案外「きょうは何の味?」 的で楽しかったりも。


2 thoughts on “チーズ入り味噌かつのおべんと。

  1. こんにちは♪
    カツだけでも最高なのに
    中にチーズまで入ってもっと最高
    おまけに、味噌カツ~って
    もうこれだけでガッツリとご飯食べれそう!
    私も、こんど頑張って作ってみようかな(^^)
    お弁当箱に入っているの想像するだけで
    子供達が大喜びする顔が浮かんできます♪

  2. >sumailさん
    こんにちはー♪
    コメントありがとうございます。
    そうですね!
    お肉+揚げもの+チーズ+味噌、
    うれしい要素満載のおかずかもしれないですね☆
    味噌だれも赤みそさえあれば思ったより簡単にできるし、
    冷めてもおいしいのでお弁当向きだと思います(^-^ )
    甘いお味噌とごはんの組み合わせは、
    もしかしたら好き嫌いあるかもしれませんが、
    五平餅とか大丈夫ならたぶんいけると思います(。・w・。 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>