鮭の味噌マヨ焼きのおべんと。


2013ねん9がつ9にちの、おべんと

画像1

ほんじつは、鮭の味噌マヨ焼きのおべんと。

味噌かつのみそだれが残っていたので、鮭に塗ったよ。

そのままじゃあ芸がないかしらん、と思ってマヨとおねぎを混ぜて味噌マヨに。

まーそのまま塗ってもおいしいんだけどね。

たこの山椒揚げは、母の料理で好きなおかずのひとつ。

これおいしいのだよ(o´∀`o) お酒にも合うよ、ぜひ作ってみて。

★ 詳しいめにゅう解説は<続きをよむ>からどうぞ。 

2013ねん9がつ9にちの、おべんと

 

画像1


ほんじつは、鮭の味噌マヨ焼きのおべんと。

味噌かつのみそだれが残っていたので、鮭に塗ったよ。

そのままじゃあ芸がないかしらん、と思ってマヨとおねぎを混ぜて味噌マヨに。

まーそのまま塗ってもおいしいんだけどね。

たこの山椒揚げは、母の料理で好きなおかずのひとつ。

これおいしいのだよ(o´∀`o) お酒にも合うよ、ぜひ作ってみて。



<Recipe>

☆鮭の味噌マヨ焼き おかずno.240

◎材料: 塩鮭、酒、A(みそだれ※味噌かつの残り、マヨ、長ねぎみじん切り)
◎方法: 塩鮭をフライパンにおき、弱火で焼く。鮭をふり蓋をして蒸し焼きにする。 Aを混ぜて味噌マヨを作り、鮭に塗り焼く。

◎コツ: 味噌かつのみそだれにマヨと長ねぎを加えて味噌マヨにアレンジ。魚焼きグリルやトースターで焼いても勿論OK

☆たこの山椒揚げ おかずno.241

◎材料: たこ、塩、山椒、片栗粉、揚げ油
◎方法: たこを食べやすい大きさに切り、塩と山椒を軽くもみこむ。片栗粉をまぶして揚げる。仕上げに、塩、山椒をかけて味を調える。

◎コツ: 定番のたこの竜田揚げに、山椒をきかせて。これおいしいよ。

☆きゅうりともやしの梅和え おかずno.242

◎材料: もやし、きゅうり千切り、みょうが千切り、A(練り梅、白だし、お酒、白ごま)
◎方法: もやしをさっと茹でて水気をきる。きゅうり、みょうがと合わせてAで和える。

◎コツ: さっぱり梅風味の和え物。練り梅をのばすのにここでも白だし使っちゃう。便利なんだもん。笑。みょうがも味のポイント。冷やして食べてもおいしいよー。おべんとの残りをステンレスボウルに入れて冷蔵庫できんきんに冷やして、今食べてるー。

☆ふりかけごはん ※ごはんno.6

◎材料: 市販のふりかけ、白ごはん
◎方法: お弁当袋に、市販のふりかけをパッケージのまま一緒に入れるだけ!
◎コツ: 今いろいろ種類もあるし、案外「きょうは何の味?」 的で楽しかったりも。

※材料は作りやすい分量です。お弁当箱の大きさやその日の食欲にあわせて調整してくださいませ。
 

 ☆鮭の味噌マヨ焼き おかずno.240

  材料: 塩鮭、酒、A(みそだれ※味噌かつの残り、マヨ、長ねぎみじん切り)
  方法: 塩鮭をフライパンにおき、弱火で焼く。鮭をふり蓋をして蒸し焼きにする。
        Aを混ぜて味噌マヨを作り、鮭に塗り焼く。
        
  コツ: 味噌かつのみそだれにマヨと長ねぎを加えて味噌マヨにアレンジ。
       魚焼きグリルやトースターで焼いても勿論OK
     
 ☆たこの山椒揚げ おかずno.241

  材料: たこ、塩、山椒、片栗粉、揚げ油
  方法: たこを食べやすい大きさに切り、塩と山椒を軽くもみこむ。
        片栗粉をまぶして揚げる。仕上げに、塩、山椒をかけて味を調える。

  コツ: 定番のたこの竜田揚げに、山椒をきかせて。これおいしいよ。

 ☆きゅうりともやしの梅和え おかずno.242

  材料: もやし、きゅうり千切り、みょうが千切り、A(練り梅、白だし、お酒、白ごま)
  方法: もやしをさっと茹でて水気をきる。きゅうり、みょうがと合わせてAで和える。

  コツ: さっぱり梅風味の和え物。練り梅をのばすのにここでも白だし使っちゃう。便利なんだもん。笑
      みょうがも味のポイント。冷やして食べてもおいしいよー。
      おべんとの残りをステンレスボウルに入れて冷蔵庫できんきんに冷やして、今食べてるー。

 ☆ふりかけごはん ※ごはんno.6

  材料: 市販のふりかけ、白ごはん
  方法: お弁当袋に、市販のふりかけをパッケージのまま一緒に入れるだけ!
  コツ: 今いろいろ種類もあるし、案外「きょうは何の味?」 的で楽しかったりも。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>